スポンサーサイト





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

はじめてのプログラム

  • Posted by: javamania
  • 2010-10-31 Sun 22:09:19
  • Eclipse




習うより慣れよ、でJavaのソースを書いてみます。

EclipseでJavaのソースを書くためには、「プロジェクト」、「パッケージ」、「クラス」を作成する必要があります。「○会社○部○課」のようなもので、そもそもJavaは多人数で複雑な構成のプログラムを開発することが可能な言語なので、こうしたことをソースを書く前に決めておきましょう。

といっても名前を決めるだけですし、後から変更も容易なので気楽にやりましょう。

ここでは、「dosiroto」プロジェクトの「kihon」パッケージ、「Sample」クラスとしておきます。

まずプロジェクトです。

「ファイル」→「新規」→「Javaプロジェクト」と進み、プロジェクト名を「dosiroto」として「完了」をクリックします。すると左のパッケージ・エクスプローラに「dosiroto」が作成されているはずです。

20101031_1



パッケージとクラスも作成します。

画面左のパッケージ・エクスプローラの「dosiroto」を右クリックして、「新規」→「クラス」と進みます。パッケージ「kihon」、クラス「Sample」と記入して「完了」をクリックします。

すると、画面中央のJavaエディタに「Sample.java」というタブが作成され、

package kihon;

public class Sample {

}



と表示されましたね。

これはテキストエディタなどでソースを書くときは自分で打ち込まなければならないのですが、Eclipseは入力補助をしてくれて、クラスを作成すると自動で書いてくれるのです。

では、簡単なソースを書いてみましょう。

ソースを書くといっても、「public class Sample」の後のかっこ { } の中に3行書くだけです(書き間違えのないように…)。

package kihon;

public class Sample {
public static void main(String[] args) {
System.out.println("Eclipse");
}

}



簡単に解説すると、

public static void main(String[] args) {…}

は、mainメソッドといって、プログラムの開始地点になります。

System.out.println(…);

はかっこ内の文字などを表示する命令です。今回は「Eclipse」と表示することにしました。

では実行します。

左のパッケージ・エクスプローラの「Sample.java」を右クリックして、「実行(Run As)」→「Javaアプリケーション」と順に進みます。

すると、画面下の「コンソール」ビューに実行結果「Eclipse」が表示されるはずです。

20110507_4



Eclipseの入力補助


上のソースで書き加えた2行については、Javaプログラミングをしていれば数えきれないくらいお目にかかるので、何も考えずに打てるくらいでなければなりません。

しかし、熟練したプログラマが無数のプログラムでこの命令を打たなければならないとなると時間の無駄でしかありません。

そこでEclipseでは、これらの命令を簡単に書くための入力補助をしてくれます。

手間かもしれませんが、先ほどの3行を消して元に戻してください。

まず、

public class Sample {

の下の行で「main」と入力し、Ctrl + スペース と入力します。するとコンテンツ・アシストという機能が働いて入力候補が現れます。Enterキーを押せばmainメソッドのできあがりです。

20110507_5


さらに、mainメソッドのかっこ{ } 内で「sysout」と入力して Ctrl + スペース と入力すれば、自動で「System.out.println()」と変換されます。

20110507_6



あとは "Eclipse" と入力するだけです。

Eclipseの魅力のひとつは、その豊富なコンテンツ・アシスト機能にあります。Eclipseの機能を駆使して、高速のコーディングを目指しましょう。

関連記事

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

Comments:

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback:

TrackBack URL for this entry
http://javamania.blog25.fc2.com/tb.php/20-a06ffb3b
  • 閉じるボタン
クラスライブラリ解説 目次
クラスライブラリとは
 ├ Java APIの調べ方
 ├ Objectクラスを調べる
 ├ ライブラリのインポート
 ├ 完全修飾クラス名を調べる
 ├ staticインポート
 ├ 外部ライブラリの利用

文字列を扱う
 ├ Stringとイミュータプル
 ├ StringBuilder 文字列の連結
 ├ toString()のオーバーライド
 ├ toXxCase() 大文字と小文字
 ├ compareTo() 値の比較
 ├ parseDouble() 文字を小数値に
 └ 文字列を抜き出す
 ├ char配列からString型へ変換
 ├ 空白文字の除去

日付を扱う
 ├ Calendar 現在の日付
 ├ Date 日付の表示

数値演算を扱う
 ├ round() 切上・切捨・四捨五入
 ├ BigDecimal
 ├ sqrt(),pow() 累乗と平方根
 ├ BigInteger
 ├ int型の最大値・最小値
 ├ random() 乱数作成

ファイルを扱う
 ├ ファイルの存在確認
 ├ ファイルを作成
 ├ ファイルの削除
 ├ ファイルサイズを調べる

入出力ストリーム
 ├ ファイルを読み込む
 ├ 画像ファイルのコピー
 ├ 日本語の読み込みと書き出し
 ├ バッファ入出力
 ├ データ型フリーの出力ストリーム
 ├ getBytes()メソッド

書式つき入出力
 ├ 書式を指定して出力
 ├ 引数インデックス
 ├ 整数値のフォーマット
 ├ 小数値のフォーマット
 ├ 九九の表のフォーマット

例外処理
 ├ printStackTrace()
 ├ NullPointerException
 └ NumberFormatException
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。